万年花粉症の私はいつ脱毛に行けばいいの!?

効く薬が見つかってやっと前に進めた!

しかし最近になり、ようやく前向きに考えられるようになりました。
自分に合う保湿クリームと花粉症の薬が見つかり、それらを使うようになってからは個々の症状が劇的に緩和されたのです。
薬を使い続ける以上脱毛には行けませんが、それも症状が軽くなる真冬に我慢することで何とかサロンへ行ける目処が立ちました。
薬なしには落ち着いて過ごせないようにもなっていましたし、これを機に少しずつ減らしていけたらと願っています。
ムダ毛をキレイになくせたら、意中の男性にも思い切ってアタックしたいのです。
思えば大学時代もそうした動機から、サロンの検索をしていました。
もし同じような悩みを持つ女性が世の中にいれば、一緒に頑張りましょうと伝えたいです。
花粉症とは、今後も付き合い続けていくことになるでしょう。
日常生活でも大きな障害になるわけですし、サロンに行けないことを悩むのは寧ろ贅沢なのかもしれません。
とはいえ、脱毛に夢を持つ気持ちに変わりはありません。
いつか無事に通う日は来るのか、ポジティブ思考で可能性を信じていきたいです。
最後になりますが、花粉による肌荒れには徹底した保湿をおすすめします。
肌が潤っていれば花粉の刺激にも強くなりますので、男性の皆さんも良ければ実践してみてください。

友人と受けようとしたサロンで私だけ断られたコンプレックスだけが増えていく効く薬が見つかってやっと前に進めた!