万年花粉症の私はいつ脱毛に行けばいいの!?

コンプレックスだけが増えていく

膝した永久脱毛する以前は、冬と花粉症で足が痒くて掻いちゃうと、足の毛穴を掻きこわしてものすんげーかさぶただらけになってたのが、永久脱毛してからかゆみ自体なくなって肌ずっときれい やってよかった永久脱毛

— ラーラ (@1ala1ala2) 2019年4月12日
友人は結局、お試し体験を機にサロンへ通い続けました。
段々と見るからに自信を付けている友人を見ては、私は虚しく自分でムダ毛の処理をする日々です。
当然そのようなことで仲が悪くなるわけがないのですが、友人はあまり脱毛の話などを私の前ではしませんでした。
きっと気を遣ってくれていたのだと思います。
花粉症1つでこのようなところにまで波及をするとは、厄介としか言い様がなかったです。
加えて私を苦しめていたのが、花粉による肌荒れでした。
花粉は肉眼ではなかなか見えませんが、実は皮膚に付着するとそこからもアレルギー反応を起こすそうです。
実際に私も得体の知れない赤みや痒みに悩まされていたことがあり、皮膚科で花粉が原因と言われたときは言葉を失いました。
肌荒れが慢性的に起きていると、これまた脱毛サロンの人から拒まれる理由になるわけです。
脚などはズボンで隠しても荒れてしまうことが多く、汚く見えるのが未だコンプレックスとなっています。
ムダ毛も処理し切れない、その上から赤みが出る、想像するだけでも辛くなってしまいます。
何故このような体質なのか、自分が情けないです。

友人と受けようとしたサロンで私だけ断られたコンプレックスだけが増えていく効く薬が見つかってやっと前に進めた!